今年のNHKマイルCは本命馬が不在ということで、予想が非常に難しかったです。
5月7日の東京競馬場芝1600mが舞台で、1番人気に支持されたのは桜花賞で4着となったカラクレナイ。
そして2番人気は同じく桜花賞に出走し5着だったアエロリット。

ワールド競馬が見守る今年のNHKマイルCは、桜花賞路線組が強い!と思われていましたが、昨年暮れのGIレースで2着経験のあるモンドキャンノ(3番人気)やスプリングSで2着し、皐月賞では大敗したアウトライアーズが4番人気でした。

レースはボンセルヴィーソが逃げる展開で、アエロリットが2番手。
直線に入ってもボンセルヴィーソが粘り続けますが、アエロリットが差し、そして13番人気という伏兵リエノテソーロも外からやってきました。

しかしアエロリットの勢いは止まらず完勝。2着にはリエノテソーロ。
逃げ粘ったボンセルヴィーソが3着に入り、1番人気のカラクレナイは17着となりました。

リエノテソーロは道中9番手でしたが、優勝馬と3着馬はそれぞれ2番手、1番手という位置取りでしたので、展開が向かなかった馬も多かったでしょう。

アエロリットはとても強い競馬を見せましたので、秋以降も引き続き注目すべきです。

コメントを残す