2017年からGIに昇格を果たした大阪杯は大盛り上がりの中行われました。
昨年まではスーパーG2という扱いでしたが、今年からはGIになるということで、例年以上の好メンバーが揃うことになりました。

昇格初年度ということもありJRAはテレビCMをはじめとした様々な方法でアピールしていましたし、大阪杯が行われる阪神競馬場の最寄り駅の仁川駅を有する阪急電鉄の本拠地的存在の梅田駅近くではかなり大々的なイベントが連日開催されていたほどです。

今年の大阪杯で注目を最も集めた馬はキタサンブラックではないでしょうか。
ワールド競馬が見守る2番人気の昨年のダービー馬を抑えて1番人気となり、3番人気は香港のGIと京都記念を連勝中のサトノクラウン。
他にもヤマカツエースやアンビシャスといったGI勝ちこそないものの間違いなく実力を有している馬も参戦しました。

逃げたのはマルターズアポジーで、ロードヴァンドールが終始2番手。
1番人気のキタサンブラックはまさに横綱相撲といった感じのレースぶりで、鞍上武豊騎手もさすがのレースを展開。
直線に入ると文句なしの抜け出しをはかり、2着のステファノスや3着のヤマカツエースの追撃をしのぎ完勝。
本当に強いレースぶりを見せてくれ、天皇賞春に向けて最高のスタートを切ったといっても過言ではないでしょう。

ダービー馬マカヒキは4着、サトノクラウンは6着という結果に終わりました。

コメントを残す