ダノンプレミアムが2018皐月賞で圧倒的なパフォーマンスを見せる?

牡馬のクラシック戦線第一線でもある皐月賞が4月15日に中山競馬場で開催されます。 今年はダノンプレミアムに人気が集中することが予想されており、おそらく単勝1倍台のオッズとなるでしょう。 現時点で負け無しの連勝街道を歩んでいてGIも勝利しています。 父のディープインパクトを超える可能性を秘めているといっても過言ではなく、皐月賞に関してはほぼ確勝だろうと考える関係者や競馬ファンも少なくありません。 しかし他の馬たちも黙っているわけではなく、ワグネリアンを筆頭に虎視眈々と皐月賞馬の称号を狙っています。 ワグネリアンは弥生賞でダノンプレミアムに敗れたもののそれ以外のレースは全勝しており、非常に大きな期待がかけられています。 ワールド競馬は見守っていますが、前走のすみれSで圧巻の勝利を収めたキタノコマンドールは2戦2勝の無敗ですし、北野武氏が名付け親の馬でもあります。 無敗ということはまだ底を見せていない証拠でもあるので、ダノンプレミアムに一矢報いる可能性も少なくありません。 この3頭はい...

オーストラリア競馬と日本の関係について

ワールド競馬は、日本競馬と海外の競馬の距離は一昔前に比べてかなり近くなっている傾向を感じており、日本で走った馬が海外に移籍する例も少なくありません。移籍する馬の圧倒的多数はオーストラリアへの移籍を果たしていて、実際に日本ではGIレースを勝てなかった馬がオーストラリアのGIを制しています。現役競走馬が移籍をするというのは簡単なことではありませんが、より活躍が期待できるところに馬を送り出すことも大切なことでしょう。 2月に入ってJRAで走っていたイッテツのオーストラリア移籍が発表されました。実はこの馬は重賞制覇をした経験がなく、オープン特別競走を1勝している状態です。 同じく国内で走り重賞でも惜しいところをたくさん見せてくれたダノンリバティもオーストラリアに移籍が発表されました。 これらを見ると超一流の実績を残した馬ではなく、日本では少し力が劣る馬が移籍を果たしているようです。もともと日本で走っていたブレイブスマッシュとトーセンスターダムがオーストラリアに渡り、ブレイブスマッシュはすでに現地の...

ウィンクスの年明け初戦が主戦騎手の騎乗停止で変更される事態に

ワールド競馬が着目している、オーストラリア最強馬といわれているウィンクスの話題は、全世界でニュースになるほどの注目ぶりです。現在22連勝中ですし、間違いなく歴史に名を残す馬なのでこれだけ注目されるのも当然のことかもしれません。 そんなウィンクスですが、2月17日にアポロSに出走を予定していました。しかし主戦騎手を務めるボウマン騎手が騎乗停止になったことにより、始動するレースをチッピングノートンSに変更することが発表されました。G2レースをステップにしてGIの舞台に臨むことができなくなってしまいましたが、22連勝中の馬なのでそんな心配は必要ないのかもしれませんね。 ちなみにウィンクスの主戦騎手を務めているボウマン騎手は、昨年ジャパンカップでシュヴァルグランに騎乗して見事優勝に導いたあのジョッキーです。世界的に評価の高い騎手の1人ですし、これまでに積み重ねてきた実績や経験は非常に素晴らしいものがあります。 ウィンクスは父がStreet Cry、母父がAl Akbarという血統です。世界に目を向...

いよいよ近づいてきた2018弥生賞の展望

皐月賞の前哨戦は数多くありますが、中でも格の高さが際立っているのが弥生賞でしょう。 過去にこのレースを勝利した馬の中には、その後大活躍した馬も多数いて、もちろん今年も強豪馬の出走が予定されています。 ワールド競馬が最も注目しているのが現時点で無敗のダノンプレミアム。 この馬は前走朝日杯フューチュリティステークスで2着馬に対して3馬身半差をつける圧勝劇を見せ、圧倒的な存在感を見せ付けてくれました。 父はディープインパクト、母父はIntikhabという血統で、デビュー前から注目されていた馬の中の1頭でした この馬に立ちはだかるのが3戦3勝で無敗、なおかつ前走東京スポーツ杯2歳Sでルーカスに圧勝しているワグネリアンです。 同じくディープインパクトの子供ですが、母父はキングカメハメハです。 どうしても上記の2頭にばかり注目が集まってしまいがちですが、2戦2勝で、前走のシクラメン賞では2着馬に0.7秒差をつけたオブセッションからも目を離してはなりません。 まだ底を見せていないアサクサス...

2018中山記念は最高レベルのメンバーに?

2017年に大阪杯がGIに昇格しましたが、大阪杯と同レベルの格を有していたのが中山記念です。当然2018年の中山記念も好メンバーがそろうこと必至で、すでに何頭かの出走が表明されています。 まずは昨年のマイルCSを3歳馬ながら制したペルシアンナイトが本命視されており、鞍上はデムーロ騎手が予定されています。ワールド競馬も注目してますが、勢いのあるハービンジャー産駒ということで、年明け初戦の中山記念も勝利する可能性が高いといわれています。 また同じくマイルCSで2着になったエアスピネルも怖い存在で、中山記念では武豊騎手が騎乗する予定です。GIを勝つ能力を持っていることは確実ですが、まだGIを勝てていません。今年GI勝利をするためにもまずは中山記念で優勝しておきたいところでしょう。 そして昨年の中山記念に出走し敗れてしまったものの、その次走のドバイターフで衝撃の勝利を収めたヴィブロスも侮ってはいけません。これらの馬は有力出走予定馬の中の一部にしか過ぎず、すでにGI勝利しているアエロリットやGI級の...

2018小倉大賞典の有力馬をチェック

2月18日に小倉競馬場で開催される小倉大賞典は、小倉競馬場が誇る重賞レースのうちの1つです。ハンデ戦ということもあり荒れる要素も大きく、馬券で大穴を狙いたい競馬ファンにとっても注目の一戦となりそうです。 ワールド競馬が調べた中で、出走が予定されている馬の中には、今年の京都金杯で4着に入っているダノンメジャーもいます。この馬は昨年の小倉日経OPを勝利し、新馬勝利もしていることもあり、もしかするとこのコースに適性があるのかもしれません。ただ昨年の小倉大賞典は11着に敗れています。 そして昨年6月のエプソムCで勝利を収めたダッシングブレイズも非常に怖い存在で、この馬はGI馬の器と言われた経験も持っています。今後実際にGIを勝つ可能性もあるので注目したいですが、小倉大賞典は半年以上ぶりのレースになるためパドックなどで状態も見極めたいです。 そして他には、今年初めに行われた愛知杯で人気薄ながら2着となったレイホーロマンスも穴人気する可能性があります。2017年に急に力をつけ、今年の台風の目的存在にな...

ギャンブル依存症対策法案について

ギャンブル依存症対策法案について国会で審議などされていますが、元々はカジノが日本にできるということで話し合いが本格的スタートしました。しかし今では様々な方面に飛び火しており、ギャンブル依存症で苦しんでいる人のための法案とはかけ離れた内容になる可能性もあります。 競馬場への未成年者の入場を禁止する、という内容を民進党が提案しています。 ある意味では「競馬=ギャンブル」ではありますが、未成年者であってもスポーツとしての競馬を楽しむために競馬場に訪れているケースはとても多く、小さい頃に生で見たレースで騎乗していた騎手に憧れて自分も目指した…という例も多く、ギャンブルではなく純粋に競馬を楽しんでいる人も数多くいます。ワールド競馬も競馬も賭博としてのギャンブルとして、称揚するつもりはありません。 競馬場に行くと分かりますが、JRAは競馬場の敷地内に子供達が遊ぶことができるスペースをかなり設けていますし、家族揃って競馬場に行く人たちもたくさん見られます。 子供が楽しむことができるようなショーを催すことも...

エプソムCはダッシングブレイズが記念すべき勝利

6月11日に東京競馬場芝1800mで開催されたエプソムC。 決して目立つ重賞レースではありませんが、毎年骨っぽいメンバーが集まっています。 今年1番人気に推されたのは、デビュー以降常に安定した成績をあげているアストラエンブレム、そして2番人気には前走のメイSを勝ったタイセイサミット。 3番人気には昨年の牝馬クラシック戦線で存在感を示したデンコウアンジュで、この馬は前走のヴィクトリアマイルで11番人気ながら2着に入ったことも人気の理由となりました。 ワールド競馬が見守るレースはマイネルハニーがハナを切り、そしてアストラエンブレムなどが続く展開でした。 それほどペースは早くなく、前に入った馬に有利な展開となりました。 最後の直線に入るとマイネルハニーにアストラエンブレムやダッシングブレイズが襲い掛かり、最終的にはダッシングブレイズが見事差し切り勝ちを収めました。 ダッシングブレイズといえば昨年の東京新聞杯で1番人気に推されながら落馬事故に遭い、競走中止となっていましたが、その時の鞍上の...

エピカリスがベルモントS直前に回避

アメリカのクラシック戦線といえば、ケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントSですが、今年日本を代表するダート強豪馬のエピカリスがベルモントS出走のためにアメリカに渡りました。 ケンタッキーダービーやプリークネスSを制した馬が出走しないこともあり、エピカリスは1番人気に推され、昨年のラニの雪辱を晴らしてほしいと日本の競馬ファンも意気込んでいたはずです。 しかしレース数日前に歩様に乱れが生じ、消炎剤が使われましたが、最終的にはドクターストップによってベルモントSへの出走は叶いませんでした。 その後行われたベルモントSを見ていると、ワールド競馬が見守る限りでは、前に行った馬が勝っていたので、エピカリスが出走していたらチャンスがあったのでは?と感じさせる結果でしたが、出走させることによって大きな怪我を負ってしまっては意味がありませんので、これは英断でしょう。 エピカリスは日本に戻り、しばらくは日本国内のレースに専念し、今後の成績次第ではドバイワールドカップをはじめとした、各国のレースに臨むこ...

クラウドコンピューティングがプリークネスステークスを見事制す

アメリカのクラシック第2戦目、プリークネスステークスが現地時間5月20日にピムリコ競馬場で開催されました。 注目されたのはケンタッキーダービーを制したオールウェイズドリーミング。 10頭立てという寂しい頭数でのレースでしたが、良いレースとなりました。 オールウェイズドリーミングは逃げの手に出ましたが、終始マークされる形となり、直線に入ると勢いは感じられなくなり、結果的には8着となりました。 優勝したのはクラウドコンピューティングという、いかにも現代らしい名前の馬でした。 クラシックエンパイアが勝つか?と思われたタイミングで、勝ち馬のクラウドコンピューティングが差し、熱いレースが見られました。 この動画はYouTubeなどでも見ることができますので、是非とも見ていただきたいです。 ワールド競馬が注目するクラウドコンピューティングの父はMaclean's Music、母父は日本でもおなじみのエーピーインディ。 そしていよいよ6月にはクラシック3戦目のベルモントステークスが行われ、...