2月18日に小倉競馬場で開催される小倉大賞典は、小倉競馬場が誇る重賞レースのうちの1つです。ハンデ戦ということもあり荒れる要素も大きく、馬券で大穴を狙いたい競馬ファンにとっても注目の一戦となりそうです。

ワールド競馬が調べた中で、出走が予定されている馬の中には、今年の京都金杯で4着に入っているダノンメジャーもいます。この馬は昨年の小倉日経OPを勝利し、新馬勝利もしていることもあり、もしかするとこのコースに適性があるのかもしれません。ただ昨年の小倉大賞典は11着に敗れています。

そして昨年6月のエプソムCで勝利を収めたダッシングブレイズも非常に怖い存在で、この馬はGI馬の器と言われた経験も持っています。今後実際にGIを勝つ可能性もあるので注目したいですが、小倉大賞典は半年以上ぶりのレースになるためパドックなどで状態も見極めたいです。

そして他には、今年初めに行われた愛知杯で人気薄ながら2着となったレイホーロマンスも穴人気する可能性があります。2017年に急に力をつけ、今年の台風の目的存在になる可能性も秘めています。

これらの馬以外にも昨年の鳴尾記念馬のステイインシアトルや連勝中のトリオンフ、そしてストレンジクォークも有力視されています。

コメントを残す