2017年に大阪杯がGIに昇格しましたが、大阪杯と同レベルの格を有していたのが中山記念です。当然2018年の中山記念も好メンバーがそろうこと必至で、すでに何頭かの出走が表明されています。

まずは昨年のマイルCSを3歳馬ながら制したペルシアンナイトが本命視されており、鞍上はデムーロ騎手が予定されています。ワールド競馬も注目してますが、勢いのあるハービンジャー産駒ということで、年明け初戦の中山記念も勝利する可能性が高いといわれています。

また同じくマイルCSで2着になったエアスピネルも怖い存在で、中山記念では武豊騎手が騎乗する予定です。GIを勝つ能力を持っていることは確実ですが、まだGIを勝てていません。今年GI勝利をするためにもまずは中山記念で優勝しておきたいところでしょう。

そして昨年の中山記念に出走し敗れてしまったものの、その次走のドバイターフで衝撃の勝利を収めたヴィブロスも侮ってはいけません。これらの馬は有力出走予定馬の中の一部にしか過ぎず、すでにGI勝利しているアエロリットやGI級の馬が多数出走する予定です。ある意味では中山記念こそが今年の古馬戦線を占う意味で非常に重要な意味を持つといえそうです。

最高レベルのメンバーたちのレースですので、実際に現地まで足を運ぶ競馬ファンも多数いるでしょう。

コメントを残す