2017年のJRAの競馬が終了し、ワールド競馬待望の各種リーディング情報の発表がなされました。

最後まで注目を集めたリーディングジョッキー部門は、ルメール騎手が199勝でトップに立ち、171勝を挙げた戸崎騎手とデムーロ騎手が並びました。
12月末時点でルメール騎手の200勝は確実視されていましたが、最終日に1勝も挙げることができず念願の記録達成には届きませんでした。
しかし無事リーディングジョッキーの座に輝き、改めて強さを見せ付けてくれました。

そして調教師部門に関しては栗東所属の池江泰寿調教師が2位に28勝差をつけるぶっちぎりでトップを飾り、2位には藤原英昭調教師、3位は54勝の角居勝彦となりました。

リーディングサイアー部門は、例のごとくディープインパクトがトップに輝き、それに続く形でキングカメハメハが続きます。
この順位は毎年変わっていませんが、2歳部門に関しては新種牡馬のロードカナロアがディープインパクトに次いで2位に入っているので、この馬の産駒に成長力があれば総合部門でのランクインも今後期待できそうです。

馬主部門のトップはサンデーレーシング、個人馬主に目を向けるとモハメド殿下や松本好雄オーナーが上位にランクインしています。

コメントを残す