2016年のジャパンカップは例年以上の盛り上がりを見せ、強い馬がそろったレースだと言われています。
宝塚記念で引退してしまったドゥラメンテ、そして先日菊花賞を制したサトノダイヤモンド、ダービー馬マカヒキなどが出走しませんでしたが、GI馬がかなり多い豪華な顔ぶれでした。

1番人気に推されたのは北島三郎氏所有のキタサンブラック。
実績も申し分ありませんが、サブちゃん人気の影響で単勝馬券が過剰に売れた感も否めません。
ですが結果的にはキタサンブラックが並み居る強豪馬を退けて優勝を果たして、北島三郎氏がまつりを熱唱しました。

悪くないスタートを切りすぐさま先頭に立つキタサンブラックに、ワンアンドオンリーとゴールドアクター、リアルスティールが続く展開です。
3コーナーまでは大きく隊列が変わることはなく、無理矢理逃げ馬に競りかける馬もいなくて、キタサンブラックにとっては理想的な流れでした。

4コーナーを回ると幾多もの名馬が襲い掛かってきますが、まだまだ余力十分のキタサンブラックが2着馬に2馬身半をつけ快勝。
2着にはシルバーコレクターと呼ばれてしまっているサウンズオブアース、3着にはシュヴァルグランが入り、ディーマジェスティ以外の上位人気馬は5着までに入るレースでした。

コメントを残す