クラシック路線に向かう3歳牡馬が皐月賞に臨む前に出走するレースはいくつかありますが、最も格上のステップレースといえば弥生賞でしょう。
3月はじめに開催されるこの弥生賞には、今年も好メンバーが出走を予定しています。

まず注目されるべきは、G3を連勝中のブレスジャーニーです。
この馬は3ヶ月半の休養明けとなりその部分が気になる点でもあります。(初戦敗れているので)

そしてコマノインパルスも優勝候補の一頭に数えられており、前走は京成杯で見事勝利を収めています。
唯一の敗戦でもある葉牡丹賞の勝ち馬は現時点で3歳最強がささやかれているレイデオロですから、この馬から0.2秒差の2着は十分評価されるでしょう。
ブレスジャーニーは休養明けですし、恐らくコマノインパルスが1番人気になるかもしれません。

他には2戦2勝でキングカメハメハ産駒のダイワキャグニー、京都2歳Sの勝ち馬カデナも人気になるでしょう。
まだ3歳になったばかりの馬たちのレースですから、圧倒的人気の馬が負けることもありますし、まだまだ底を見せていない馬もいるので、新たな期待馬が誕生するかもしれません。

ワールド競馬も例年通り、もしくはそれ以上の好メンバーが揃いそうなので注目しています。

コメントを残す