毎年この時期になると2歳馬の中から強豪ダート馬になりそうな馬が何頭か発見されます。
今年もすでにその候補が見つかっているのですが、その中でも絶対的な注目を集めている馬がハヤブサマカオーです。

デビュー戦は札幌競馬場のダート1700m。
2着の馬に1.7秒差をつける圧勝を、その次走となったなでしこ賞では馬場が悪い中圧巻の勝ち切りを見せ、2着の馬に0.7秒差をつけて圧勝。
そして兵庫ジュニアグランプリに出走し、圧倒的1番人気の中JRA所属のアスターソードに首差をつけて勝ちました。
兵庫ジュニアグランプリの勝ち方に不満が残るファンもいるかもしれませんが、着差以上の強さが感じられたと評価されているようなので、今後も大きな期待が持てるでしょう。

次走はGIでもある全日本2歳優駿に出走することが決まっており、ここを勝てば4連勝となります。
UAEダービーやケンタッキーダービーをはじめとした、アメリカのクラシック戦線に名乗りを挙げることになるかもしれません。ワールド競馬では非常に注目をしています。
騎乗しているのはルメール騎手なので、応援しているファンや馬券を勝っているファンの人たちも安心してレースを見ることができそうですね。

コメントを残す