9月18日に中山競馬場で開催されたセントライト記念には、今年の皐月賞を制しているアルアインが出走しました。
決してレベルの高い馬たちがそろったとは言えませんが、GI馬、そして夏の上がり馬がいるため、菊花賞に向けての力比べを楽しみにしていたファンは多いでしょう。ワールド競馬でも注目していました。

1番人気のアルアインは単勝オッズ1.7倍という圧倒的人気、そして2番人気には京都新聞杯で5着に入り、前走のいわき特別で3着のミッキースワロー。
3番人気には京都新聞杯2着でラジオNIKKEI賞では6着のサトノクロニクルが推されました。
実績だけを見るとアルアインが抜けていますが、休養明けですし他の馬にもチャンスがあると思われていました。

レースはアルアインが好スタートを切りますが、サンデームーティエがハナを切ります。
そしてスティッフェリオが2番手につけ、クリンチャー、サトノクロニクルなどと続きます。

4コーナーを回り最後の直線に入るとスティッフェリオが抜け出しますが、すぐ外から1番人気のアルアインが襲い掛かってきます。
アルアインの勝ちで決まりか、と思われた時に、外からミッキースワローがすごい脚で強襲。
アルアインに並ぶことなくすぐに抜き去り、最終的には1馬身4分の3の差をつけて快勝しました。

コメントを残す