2017年1月22日に開催されたAJCCで4番人気に支持されたシングウィズジョイがレース中に落馬事故…となってしまいました。
シングウィズジョイは前走GIのエリザベス女王杯で2着に入る活躍ぶりで、このレースでも注目されていました。

4コーナーを回り最後の直線に入ったあたりで落馬してしまいました。
突然の事故でびっくりされた方もとても多いことでしょう。

鞍上のルメール騎手は怪我はしたものの命に別条はなく、次週の土曜日には騎乗していました。

しかしシングウィズジョイは、残念ながら回復の見込みがなく予後不良となってしまいました。
フローラS、ターコイズSを勝ち、さらにエリザベス女王杯で2着になっていたので、これからも期待十分だっただけに残念です。
そして繁殖牝馬としても期待されていましたが、子どもを残すという希望はかなわなくなってしまいました。

競馬はほかのスポーツに比べて命のリスクが大きいといわれています。
そういった中で競走馬や騎手は、レースしているわけです。
稀にこういった悲しい出来事が発生してしまいますが、ある意味ではこれも競馬なのです。

シングウィズジョイは、父がマンハッタンカフェ、母がシングライクバードという血統です。

コメントを残す