ギャンブル依存症対策法案について国会で審議などされていますが、元々はカジノが日本にできるということで話し合いが本格的スタートしました。しかし今では様々な方面に飛び火しており、ギャンブル依存症で苦しんでいる人のための法案とはかけ離れた内容になる可能性もあります。

競馬場への未成年者の入場を禁止する、という内容を民進党が提案しています。
ある意味では「競馬=ギャンブル」ではありますが、未成年者であってもスポーツとしての競馬を楽しむために競馬場に訪れているケースはとても多く、小さい頃に生で見たレースで騎乗していた騎手に憧れて自分も目指した…という例も多く、ギャンブルではなく純粋に競馬を楽しんでいる人も数多くいます。ワールド競馬も競馬も賭博としてのギャンブルとして、称揚するつもりはありません。

競馬場に行くと分かりますが、JRAは競馬場の敷地内に子供達が遊ぶことができるスペースをかなり設けていますし、家族揃って競馬場に行く人たちもたくさん見られます。
子供が楽しむことができるようなショーを催すこともあれば、それ以外にもファミリー向けのサービスに力を入れています。
そんな状況の中ギャンブル依存症対策法案に、未成年者の競馬場入場不可が盛り込まれてしまえば悲惨な時代になってしまうでしょう。

コメントを残す