皐月賞の前哨戦は数多くありますが、中でも格の高さが際立っているのが弥生賞でしょう。
過去にこのレースを勝利した馬の中には、その後大活躍した馬も多数いて、もちろん今年も強豪馬の出走が予定されています。

ワールド競馬が最も注目しているのが現時点で無敗のダノンプレミアム。
この馬は前走朝日杯フューチュリティステークスで2着馬に対して3馬身半差をつける圧勝劇を見せ、圧倒的な存在感を見せ付けてくれました。
父はディープインパクト、母父はIntikhabという血統で、デビュー前から注目されていた馬の中の1頭でした

この馬に立ちはだかるのが3戦3勝で無敗、なおかつ前走東京スポーツ杯2歳Sでルーカスに圧勝しているワグネリアンです。
同じくディープインパクトの子供ですが、母父はキングカメハメハです。

どうしても上記の2頭にばかり注目が集まってしまいがちですが、2戦2勝で、前走のシクラメン賞では2着馬に0.7秒差をつけたオブセッションからも目を離してはなりません。

まだ底を見せていないアサクサスポットもいますし、何よりも注目されているのは1回もレースを使われることなく弥生賞に登録されたヘヴィータンクでしょう。
結果はどうなるかわかりませんが、こういった新しい試みは競馬ファンを楽しませてくれますね。

コメントを残す