2018中山記念は最高レベルのメンバーに?

2017年に大阪杯がGIに昇格しましたが、大阪杯と同レベルの格を有していたのが中山記念です。当然2018年の中山記念も好メンバーがそろうこと必至で、すでに何頭かの出走が表明されています。 まずは昨年のマイルCSを3歳馬ながら制したペルシアンナイトが本命視されており、鞍上はデムーロ騎手が予定されています。ワールド競馬も注目してますが、勢いのあるハービンジャー産駒ということで、年明け初戦の中山記念も勝利する可能性が高いといわれています。 また同じくマイルCSで2着になったエアスピネルも怖い存在で、中山記念では武豊騎手が騎乗する予定です。GIを勝つ能力を持っていることは確実ですが、まだGIを勝てていません。今年GI勝利をするためにもまずは中山記念で優勝しておきたいところでしょう。 そして昨年の中山記念に出走し敗れてしまったものの、その次走のドバイターフで衝撃の勝利を収めたヴィブロスも侮ってはいけません。これらの馬は有力出走予定馬の中の一部にしか過ぎず、すでにGI勝利しているアエロリットやGI級の...

2018小倉大賞典の有力馬をチェック

2月18日に小倉競馬場で開催される小倉大賞典は、小倉競馬場が誇る重賞レースのうちの1つです。ハンデ戦ということもあり荒れる要素も大きく、馬券で大穴を狙いたい競馬ファンにとっても注目の一戦となりそうです。 ワールド競馬が調べた中で、出走が予定されている馬の中には、今年の京都金杯で4着に入っているダノンメジャーもいます。この馬は昨年の小倉日経OPを勝利し、新馬勝利もしていることもあり、もしかするとこのコースに適性があるのかもしれません。ただ昨年の小倉大賞典は11着に敗れています。 そして昨年6月のエプソムCで勝利を収めたダッシングブレイズも非常に怖い存在で、この馬はGI馬の器と言われた経験も持っています。今後実際にGIを勝つ可能性もあるので注目したいですが、小倉大賞典は半年以上ぶりのレースになるためパドックなどで状態も見極めたいです。 そして他には、今年初めに行われた愛知杯で人気薄ながら2着となったレイホーロマンスも穴人気する可能性があります。2017年に急に力をつけ、今年の台風の目的存在にな...

2018東京新聞杯を占う

東京競馬場の芝マイルのコースを舞台に繰り広げられる東京新聞杯は、マイル路線で戦う強い馬たちが毎年出走しています。 今年はすでにGIの舞台で活躍しているグレーターロンドンが出走する予定で、東風S以来の勝利を狙っています。 前走のディセンバーSでは1番人気に推されながら3着に敗れてしまっているので、東京新聞杯で巻き返す必要があるでしょう。 そして他には明け4歳のダイワキャグニーもかなり有力視されています。 昨年秋に行われたキャピタルSではGI馬相手に優勝しており、毎日王冠では勝ち馬から0.2秒差の4着に入っています。 今年の飛躍のためにもぜひ東京新聞杯は勝利しておきたいところでしょう。 そして昨年の牡馬クラシック路線を盛り上げてくれたリスグラシューは、東京新聞杯でアルテミスS以来の勝利を狙います。 桜花賞2着、オークス5着、秋華賞2着という圧倒的な実績を誇っているため、東京新聞杯でも良い勝負をするのではないでしょうか。 これらの有力馬の他にもGI勝利経験馬のダノンプラチナ、重賞馬のク...

2017年のリーディング情報

2017年のJRAの競馬が終了し、ワールド競馬待望の各種リーディング情報の発表がなされました。 最後まで注目を集めたリーディングジョッキー部門は、ルメール騎手が199勝でトップに立ち、171勝を挙げた戸崎騎手とデムーロ騎手が並びました。 12月末時点でルメール騎手の200勝は確実視されていましたが、最終日に1勝も挙げることができず念願の記録達成には届きませんでした。 しかし無事リーディングジョッキーの座に輝き、改めて強さを見せ付けてくれました。 そして調教師部門に関しては栗東所属の池江泰寿調教師が2位に28勝差をつけるぶっちぎりでトップを飾り、2位には藤原英昭調教師、3位は54勝の角居勝彦となりました。 リーディングサイアー部門は、例のごとくディープインパクトがトップに輝き、それに続く形でキングカメハメハが続きます。 この順位は毎年変わっていませんが、2歳部門に関しては新種牡馬のロードカナロアがディープインパクトに次いで2位に入っているので、この馬の産駒に成長力があれば総合部門でのラ...

2017のホープフルSはタイムフライヤーが優勝

2017年からGIに昇格したホープフルSは2017年最終開催日に行われたということもあり大きな注目を集めました。 2016年のこのレースを制したレイデオロは、その後ダービー馬となっており、朝日杯FSとはまた違った2歳馬GIのあり方を示しています。 1番人気に推されたのはタイムフライヤーで、2番人気にはフラットレー、3番人気はモーリスの弟のルーカスとなりました。 タイムフライヤーは4戦2勝の成績で重賞勝ちこそありませんが、前走の京都2歳Sでは0.0秒差の2着となっています。 2番人気のフラットレーはルメール騎手の200勝達成という目標もあったため過剰人気した感も否めません。 ルーカスに関しては調教時のアクシデントもあり、一時出走が危ぶまれましたが大きな問題はなく出走にこぎつけることができました。 トラインが逃げ、サンリヴァルやジュンヴァルロなどが続きます。 残念ながらトラインは途中で競走中止となってしまいました。 直線に入ったところではまだサンリヴァルが逃げ粘りますが、外からタイム...

1年間無敵の強さを誇ったテイエムオペラオー列伝

2017年にはキタサンブラックが古馬の中長距離路線の王者となりましたが、過去にはテイエムオペラオーがそれ以上に素晴らしい成績を収めています。 今現在とはレース形態が異なるので一概に比較をすることはできませんが、1998年にデビューしたテイエムオペラオーは、2000年に8戦8勝の成績を収めています。 そのうちGIレースは5つ、G2レースが3勝となっています。 それらすべてに騎乗していたのがまだデビュー間もない和田竜二騎手で、顕彰馬に選出されていてさらに2000年の年度代表馬にも選ばれています。 年度代表馬を選ぶ際には記者が投票を行いますが、たいていの場合結果が割れてしまい満票での選出はほとんどありません。 2017年の年度代表馬を決める際にもおそらく満票は出ないでしょう。 そんな年度代表馬の選出において満票をたたき出したのがテイエムオペラオーで、同時期には非常に強い馬が今以上に溢れていました。 そんな中歴史に名を残すような活躍をしたこの馬は非常に強く、今でも人々の記憶に残っています。 テイ...

ダートの怪物候補のハヤブサマカオーが3連勝

毎年この時期になると2歳馬の中から強豪ダート馬になりそうな馬が何頭か発見されます。 今年もすでにその候補が見つかっているのですが、その中でも絶対的な注目を集めている馬がハヤブサマカオーです。 デビュー戦は札幌競馬場のダート1700m。 2着の馬に1.7秒差をつける圧勝を、その次走となったなでしこ賞では馬場が悪い中圧巻の勝ち切りを見せ、2着の馬に0.7秒差をつけて圧勝。 そして兵庫ジュニアグランプリに出走し、圧倒的1番人気の中JRA所属のアスターソードに首差をつけて勝ちました。 兵庫ジュニアグランプリの勝ち方に不満が残るファンもいるかもしれませんが、着差以上の強さが感じられたと評価されているようなので、今後も大きな期待が持てるでしょう。 次走はGIでもある全日本2歳優駿に出走することが決まっており、ここを勝てば4連勝となります。 UAEダービーやケンタッキーダービーをはじめとした、アメリカのクラシック戦線に名乗りを挙げることになるかもしれません。ワールド競馬では非常に注目をしています。 ...

全日本2歳優駿を占う

12月13日に川崎競馬場で開催される全日本2歳優駿は交流GIということもあり、今年も注目の馬が出走しそうです。 最も注目されているのがハヤブサマカオーで、この馬は現時点で3戦3勝、前走の兵庫ジュニアグランプリも制し勢いに乗っている馬です。 鞍上はルメール騎手が予定されていて、来年の大活躍に向けてここは負けられない一戦となりそうです。ワールド競馬期待のレースです。 おそらくハヤブサマカオーが1番人気になることが予想されていますが、もちの木賞を勝っているビッグスモーキーや3連勝中で前走北海道2歳優駿を勝ったドンフォルティスも怖い存在となります。 そして2戦2勝でまだ底が全く見えていないダークリパルサー、ダートのレースは使ったことがないものの圧勝の可能性も秘めているタイセイプライドが今年の全日本2歳優駿に出走するJRAの馬となります。 ハヤブサマカオーとダークリパルサーの2頭が現時点で無敗で、無敗馬対決に期待しているファンもいます。 このレース結果次第では来年のUAEダービーに出走する馬もいる...

世界最強の障害馬?アンティオールが…

世界に目を向けてみると、これまで知らなかった事実がわかることがあります。 例えば現在日本最強の障害馬といわれているのはオジュウチョウサンですが、海外にも目を向けることで他にも最強候補がいることがわかります。 アンティオールはイギリス競馬で活躍する名馬で、管理する調教師はニッキー・ヘンダーソン師です。 この馬は2015年の10月に平地のレースから障害レースに転向を果たしたわけですが、それ以降11戦し一度も敗れたことはありません。 その勝負強さは圧巻で、日本のオジュウチョウサンと対決させると面白いことになりそうだと考えていた競馬ファンや関係者も多いのではないでしょうか。ワールド競馬も注目をしていました。 12月9日にティングルクリークチェイスというGIレースがあるのですが、アンティオールはそれに出走を予定していました。 しかしノド鳴りの症状が発覚し、このレースに出走すること取り止めました。 すでにブックメーカーで馬券を購入しているファンや関係者は非常に辛いと思われますが、アンティオールのた...

チャンピオンSで圧勝したクラックスマン

10月21日にイギリスのアスコット競馬場で行われたチャンピオンS。ワールド競馬期待のレースです。 イギリス競馬のGIレースの中でもトップクラスの格を誇っており、昨年はアルマンゾル、そして2012年には史上最強馬ともいわれているフランケルが制しています。 今年このレースに出走した馬たちも強豪馬ぞろいで、1番人気に推されたのはイギリスダービーとアイルランドダービー以外はすべて勝ち、前走ニエル賞で圧勝を収めたクラックスマン。 2番人気には今年のセントジェームズパレスSを勝利しているバーニーロイ、他には今年のフランス2冠馬のブラムトなども出走していました。 そんな強豪がひしめくこのレースで圧巻の走りを見せたのは、1番人気のクラックスマンです。 鞍上は今もなお輝きを失わないデットーリ騎手で、調教師は誰もが知るゴスデン師です。 クラックスマンの父は2012年の当レースを制しているフランケル。 Poet's Wordに対して何と7馬身差をつける圧勝劇で、日本人にとっても馴染み深いハイランドリール...